男の人

初心者のうつ病対応方法

医療

うつ病患者と生活するためのポイント

うつ病患者と生活していく上ではいくつかポイントがあります。うつ病の状態が悪くなったら精神科に受診するのは当然ですが、受診を除いた一番大切なポイントは服薬です。うつ病を改善されるには服薬が一番です。精神科医が処方した薬剤を使用すると病気を悪化させるストレスに対する耐性が付きます。そのような薬剤を使用しなくなるとストレスに対する耐久性が非常に悪くなり、最悪の場合自傷他害行為が起きてしまいます。そのためうつ病の患者に対して同伴している家族が薬剤を服用されるのは、最低限のポイントと言えます。次に適度な距離を保つ事も大切なポイントと言えます。うつ病患者は様々な問題行動を起こしてしまいます。問題行動の内容はアルコール依存性・覚せい剤依存性・買い物依存症など様々です。このような問題行動に対しては毅然とした態度で、自分自身で解決させるのがポイントです。うつ病患者は依存傾向が非常に強く、起こした問題行動に対して尻拭い行為をしてしまうと、更なる問題行動を起こしてしまうからです。興奮がどうしても収まらない時には医師が処方した精神科薬をすぐに服用させるのも、うつ病患者と一緒に生活していく上での非常に大きなポイントとなります。うつ病の家族とどう接していったらいいか悩んだときは、迷わず担当医師に相談しましょう。なお、相談する際は患者と一緒ではなく、別々に相談したほうがゆっくりと話を聞いてもらえるのでおすすめです。うつ病の回復期になると、「早く仕事に復帰しなければいけない」というプレッシャーがストレスになる場合も少なくありません。うつ病の家族が焦って無理をしないように、見守ってサポートしていくことが大切です。なお、焦りや問題を抱え込まないよう、医師と連絡を取り合っていくようにしましょう。特に回復していた症状が再び現れた場合や新たな症状が現れたときは、すぐに医師に伝えるようにします。また、特に重要なのが普段通りに接することです。心配するあまり、病人のように接してしまうことはよくありません。自分に対する気遣いが負担になり、ストレスやうつ病の悪化を招く可能性があります。