バーミヤン&ジョナサン

業務の流れ

説明する男

かつての日本では終身雇用が原則とされ、いったん企業に入社すると年功序列で徐々に地位を高めながら定年まで勤めあげるというのが常識となっていました。
しかし現在ではこの慣行はくずれ、転職や中途採用は特に珍しいことではなくなっています。
また雇用形態も多様化し、特に近年では全労働者中に占める非正規雇用者の割合が著しく増加しています。
こうした雇用環境の変化に伴って、ますます重要性を増してきているのが企業の労務管理です。
退職にまつわるトラブルの防止や従業員のメンタルヘルス対策、いわゆる「ブラック企業」と名指されないための労働条件の整備など、課題は山積しています。
こうした課題を解決する味方となってくれる専門家が、社会保険労務士です。

社会保険労務士は保険・年金・労働などに関するエキスパートで、その資格は国家資格となっています。
社労士という略称で呼ばれることもあります。
具体的な業務としては、社会保険や労働保険等に関する書類の作成及び関係機関への提出代行、人事・労務管理に関する相談対応や指導などがあります。
特に近年では後者の相談・指導業務の比重が高まってきています。
というのも労働環境の多様化に伴い、企業においては変形労働時間制や裁量労働制、派遣労働などさまざまな雇用スタイルが生まれており、これらに適正に対処する必要があるからです。
社会保険労務士は個々の事例が関係法令に適合しているかどうかといったことを専門的な知見からチェックし、改善点があればアドバイスしてくれます。
また、労使紛争についても解決策や事前の予防策などについて相談に乗ってくれます。