男の人

うつ病は冬になりやすい

ナース

太陽の光で予防できる

実はうつ病は季節によって発症する確率がアップします。最もうつ病を発症したり再発したりしやすくなる季節が冬です。うつ病の中には春や夏など、暖かい気候の時には何ともないのに冬になると突然発症するタイプのものがあります。これを冬季うつ病と呼んでいます。冬季うつ病の原因はストレスではありません。冬季うつ病を発症するのに大きく関係してくるのが太陽の光です。冬場に気温が低くなる要因の一つとして太陽の光が少ないことが挙げられます。冬場は太陽が出てくる時間が短いですし、日が沈む時間は逆に早いです。相対的に日照時間が短くなります。日照時間が短くなるとセロトニンの分泌量が少なくなります。セロトニンは神経同士の橋渡しをする役目を担っているのですが、うつ病をg発症している患者さんを診ると、明らかにセロトニンの減少が認められます。うつ病を予防するためには意識して太陽の光を浴びる必要があるというわけです。太陽の光の影響は私たちが考えている以上に大きく、季節だけではなく部屋に太陽の光が入らない人はうつ病を発症する確率が高くなることが分かっています。太陽の光をたくさん浴びたいのであれば外出するのが最も手っ取り早くて効果的です。仕事でデスクワークがメインとなっている人は定期的に一旦仕事の手を止め、屋外に出て太陽の光を浴びるようにしましょう。屋外で太陽の光を浴びながらウォーキングなどの軽い運動をするのもとても有効です。自分の部屋の中は部屋がある建物の立地でなかなか難しい場合もありますが、できるだけ日中は太陽の光が入るように工夫してみましょう。とはいえ、うつ病はある意味生物学的な病気なので、どれだけ気をつけても確実に防ぐことが出来る方法はないと言ってもよく、ふとしたきっかけで発症します。もしも病気を発症していると自覚できるほど悪化していると、自力で治すのはとても難しくなります。時間が解決してくれるようなケースはごくわずかなので、早めに病院に行き、医師の適切な治療を受けるようにしましょう。他の病気と同様に早期発見、早期治療によって治療にかける時間を短くすることが出来ます。