男の人

うつは心の病気ではない

男の人

うつの原因は神経伝達物質

うつ病の特徴は、気分の落ち込みややる気の減退、食欲不振、不眠症あるいは過眠症などです。気持ちが常に暗く前向きなことが考えられなくて、何をしても辛い、酷くなると自殺に至ってしまうなど現代に影を落とす国民病と言えるほど深刻な病気になってしまいました。まさしく鬱屈した気持ちになる病気なのです。そこでうつ病とは心の病気だと考えられがちです。うつ病がここまで認知されいても、実態を知らない人がほとんどでしょう。いざ自分の家族が発症してしまったらどうしていいのか、豹変してしまった親しい人にどう接したらいいのか分からず、心が変化してしまったのだと思いがちです。これは実は誤った判断。うつ病は脳の神経伝達物質であるセロトニンの異常に因って起こるもので、肉体的物質的な病気であるからです。セロトニンとは感情を明るく保ち考え方を前向きにしたり体の調子を整えるために分泌されています。しかし超過勤務や劣悪な人間関係などから心身共に極度のストレス状態に置かれると、このセロトニンの働きが鈍ってしまうのです。鈍るとは分泌が行われなくなることを言います。セロトニンが脳から分泌されなくなった結果、やる気が無くなったり心が暗くなって訳もなく泣きたくなるなど周囲からは理解でいないような反応を示すようになるのです。この状態になると今まで通り仕事をしたり人間関係を継続していくことはとても難しくなってしまいます。うつ病を発症しながら仕事を続けることは非常に困難です。セロトニンが分泌されなくなってしまうと言うことは、脳が極限まで疲労してヒューズが飛んでしまったとイメージするといいでしょう。そこまで疲弊した脳を抱えて今までと同じように生活するなど先ず考えられません。そこでうつを発症したら第一に休養。そして悪化しないうちに精神科や心療内科を受診してセロトニンの分泌を助けるよう薬の処方をしてもらいます。セロトニンは体内リズムもコントロールしているので、規則正しい生活を目指すことで動きが正常になることも期待できます。うつは心の病気ではなく体の問題だと考えるのが重要なポイントです。医師の診断を元に直していく病気なので、けして気持ちの問題などではありません。